美しさVSリスク、ブライダルシェービングは挙式何日前?

美しさVSリスク、ブライダルシェービングは挙式何日前?

人生で一度きりの結婚式。
普段の生活に挙式の準備も加わり忙しくはなっても、やはり美容にはこだわりたいものです。

 

ブライダルシェービングやエステなどで自分磨きされる方は多いと思いますが、
ブライダルのためのコースは挙式や披露宴の何日前にいったらいいのでしょうか?

 

特に、シェービングは早過ぎてもまた毛が生えてきてしまい、
遅すぎると今度は、万が一剃刀負けしてしまったときの回復期間が持てず、
リスクが大きくなってしまいます。

 

今回は、ブライダルシェービングのタイミングはいつが最適か考えてみましょう。

まずシェービングするにも人それぞれの肌質があります。
最短肌が強く普段の腕や足のセルフシェービングで剃刀負けしたことが殆どない方。

 

肌が丈夫な方でも、挙式まで5日くらいは空けておいた方が良いでしょう。

 

どんなに毛が濃い方でも5日でぼうぼうに生えてしまうということはありません。
もちろん、毛のあまり生えない方や薄い方はそれよりも余裕をもって施術に行かれるのがおすすめです。

 

そして、肌が弱い方。
プロがシェービングしてくれるのですから、普段のセルフケアよりは剃刀負けのリスクは少ないと思います。
それでも、いざ剃刀負けしてしまった場合、赤みやかゆみが落ち着く期間を計算して、
一週間から10日くらいは余裕を持っておいた方がよさそうです。

 

適切なタイミングで施術すれば、肌を露出するドレス姿ではシェービングの効果がとても発揮されます。
自分に合った期間をおいてシェービングに行き、隅々まで綺麗な花嫁さんになりましょう!


ホーム RSS購読 サイトマップ